8月29日(水)に、ひまわり組さんと、たんぽぽ組さんが、田んぼへ稲の成長を見に行ってきました。
砂利道を歩くのもへっちゃらになり、どんどんと前に進んでいく子や

「カエルいないかな~?」「あっ!トンボがいたよ!」とのんびりと歩いていく子と「道を歩く」というだけでもそれぞれ違った姿が見えておもしろいです。
田んぼの稲を見て子どもたちは「これがお米?」「食べられるの?」と興味津々でした。一人の女の子は田んぼの水がなくなっているのを発見して「お米はお水が大好きだから全部飲んじゃったんじゃない?」とかわいい発見もありました。



次回は黄金色に染まった稲穂を見に行きます。

田んぼの前でパシャリ。