園の日常

豆まきに向けて・・・

投稿日:

遊戯室でお話を聞いていた幼児組さんたち。

幼児組さんたちは節分の豆まきについてのお話を聞いていました☆

「節分」や「豆まき」、「鬼」について保育士の問いかけに、、、

保「みんなの心の中にはどんな鬼がいるかな?」

子「くいしんぼう!」「おこりんぼおに!」

保「どうして鬼に豆を投げるのかな?」

子「福が入っているから」「やさしさが詰まっているんだよ」「栄養が詰まっているから!」

とたくさん考えて話してくれました♪

そして鬼が来た時に備えて、新聞紙やチラシを使ってみんなでボールづくり!!

縦割りグループに分かれて作り始めました☆

年上のお兄さんお姉さんが年下のお友だちに「こうやったら小さくかたくなるよ」

「これくらいでいいの?」と言葉を交わしながら作る姿もありました!

「おにはそと!ふくはうち!」と思いを込めながら、鬼の的を狙って投げてみました!

そして最後は、クラス対抗で玉入れゲーム!!

ボールを一番多く入れたクラスはお宝が貰えるそうです!

各クラス気合十分!!

そして、各クラスが順番に玉入れをして、3クラスが投げ終えました。

さくら組さんの入った数はいくつになったのか、、、

なんと!

さくら組さんの入れた数は、30こでした!!!すごい!

さくら組さんが手にした勝利の宝は、豆まき集会の時に重要になるアイテムが授けられました!

それは特大の「魔滅ボール」でした!

これは、節分の豆まきの由来の一説に基づいたアイテムになっています。

鬼の目を表す「魔の目(魔目)」に「豆」をぶつけて魔を滅する(魔滅)という語呂合わせによる意味合いが込められています!

豆まき集会にこの「魔滅ボール」は活躍するのでしょうか!?

-園の日常

Copyright© はるまちこども園 , 2020 All Rights Reserved.